夏である今、私は脚と脇の露出が多くなっています。膝上ぐらいのスカートを履くことが多く、タンクトップなどを着る機会も多いです。

なので冬に比べ足、それもとくに脛の部分、そして脇の下のムダ毛の処理を頻繁にするようになりました。しかし、最近、そろそろ自己処理をやめて脱毛に通った方が肌のためかもしれないと思っているところです。

実は脇と脛と処理の仕方が違うのです。脛は剃刀で剃っているのですが、脇は剃刀で剃るだけでは黒い点々が残ってしまうので、それが嫌で毛抜きで一本一本抜いています。

本当は肌へのダメージが一番大きい処理方法なので良くないと思ってはいるのですが…脛のムダ毛処理にしても、脇のムダ毛処理にしても、毎回悩まされることがそれぞれあります。

まず、脛の方ですが、剃ること自体は時間もあまりかからない上、簡単です。いつもお風呂場で泡立てた石鹸を脛に塗り、毛の生えている方向に向かって剃ります。いつも気を付けているつもりではあるのですが、どうしても毎回欠かさずどこか切ってしまい、血が流れてしまいます。

これはお風呂から上がってもしばらく出血したままなので、いつも次の日の朝までバンドエイドを貼っておくしかありません。毎回面倒な上、これが毎回あると肌へのダメージが蓄積されているのだろうなと思ってしまいます。

脇に関してですが、一本一本抜くのはかなり手間ではある上、首も痛くなります。これは頭を脇の方に向け、抜いている毛を見ながら毛抜きで抜いて行くのです。抜いた後は赤くなり、次の日には赤いのは消えているのですが、これをもう十年ぐらい繰り返しているせいか、脇の肌が最近一層ボコボコしてきたことに気づきました。

本当はムダ毛を抜くことは一番良くない、剃る方がまだましだ、と言われているのは承知ではあるのですが、根本から抜いたあのスッキリとした感覚が好きで、長年やめられません。

今は色々な脱毛サロンでそこまで高くない値段で脱毛ができるみたいなので、そろそろ私もムダ毛の自己処理を卒業するために脱毛をした方が良いのかもしれないと思っているところです。

東大阪市で人気の脱毛サロンを紹介してくれているサイト≪脱毛東大阪市≫を見つけたので、あとはどこに通うか決めるだけです!