脱毛サロンでの脱毛ケアは、かなりメリットが多いです。脱毛の手間が省けるというのはもちろんありますが、それに伴い、美肌効果も高まります。脱毛施術時は保湿を十分に行いながら処理をしていきますが、普段の生活においても保湿ケアは必ず行う様に指導をされます。

保湿ケアが出来ていないと、いくら施術をしても、脱毛効果が出ないからです。これは、脱毛時に照射でむだ毛を除去するだけではなく、むだ毛の成長を抑える為の成分を浸透させるようにするからです。浸透させるには、肌細胞自体に潤いが無いと浸透させることが出来ません。肌細胞に含まれる水分が少ないと、硬い角質と化し、むだ毛抑制成分を抑えていくことが出来ません。

一度角質が硬くなると元の状態には戻りませんので、毎日きちんと保湿ケアを行っていく必要があります。保湿ケアですが、以前においては、そのサロンで扱っているローションでないといけないということで、ローションの購入を半ば強制的にされたものですが、現在においては、市販のローションでも問題無いので、とにかく毎日保湿ケアをするように言われるだけです。

脱毛ケア後も保湿ケアを行いますし、産毛に至るまでむだ毛が処理できる為、肌表面はツルツルになります。その状態で、保湿成分を入れていくと、施術前に比べて保湿成分が浸透しやすく、美肌効果が得られやすいというのはあるようです。特に顔脱毛を始めるようになったら、より保湿効果が高い美容液を使ってみると、その違いが歴然と分かります